スポンサーリンク

​「繊細さん」の本を読んで

スポンサーリンク

「繊細さん」の本を読んで
今まで私が悪かったのかなーと感じていたことも

たくさんありましたが
悪かったというよりも
全ての人に優しくしていただけなんだなーと感じました!

自分よりも他人の望みを叶える行動をしていたせいで
依存され、利用され、八つ当たりされ、適当な扱いをされ
結局、限界を超えてしまうという負のスパイラルでした

身体を壊して、頭痛と吐き気で寝れない、
食べれない、声が出ない、日本語が分からない

という日が続いたときに
明日死んでるかもしれないと本気で思っていました

そのときに、もっと自分を大切にしようと
決めたのにその方法が分からず
パートを始めても発達障害が入っている上司うまくいかず、

糸が切れたようにやめました!

しかし、この本を読んで
私は上司の仕事以外の話でも聞いてあげないと

いけないと思っていたり、
言われたそうなことを言ってあげたりしているのが

自分を疲れさせてしまうのだと気付きました!

結局どこへ行っても気が効く人から
都合の良い人になってしまっていたのだと思いました!
いくら上司でもその辺はドライでよかったんだなと思いました!

家では言えない悩みや愚痴を永遠に聞かされ
仕事を大量に頼まれ結局私が潰れたり
上司に気に入られることで同僚にいじめられ

結局私が潰れるという
いつも同じパターンの繰り返しでした

最初から上手くいくか分からないですが
次働き始めたときには会社の人とは割り切って
距離をとりながらこう言われたいんだろうなと分かっても
言わないように不機嫌な人がいても離れるように
直感でこの人は危険だと気づいたら

急用以外には話しかけないように
気をつけてみようと思いました

よく虐められたり、八つ当たりをされる人がいると、
される方に問題があると言われますが
HSPに限っては気質なので意識して良い人を
辞めないと永遠に負のスパイラルから抜け出せないと思います!

逆に、感性が豊かなので持ち物、部屋に飾るもの、
着るもの、食べるものなどあらゆる身の回りに
あるものを自分の癒しにすることができます

マイナスな面は意識してできるだけ遭遇しない
状況にして、プラスの面に目を向けて過ごすと
非HSPの人よりも豊かな日々を過ごせるのではないかと思います

人生ではその人が気がつくまで同じことが
起こるというのをよく聞いたことがあります

私は今なぜ昔から嫌な目に遭うのか分かって
対処法も分かったので
わがまますぎるくらい自分の気持ちに

素直に従って行動にうつすともう2度と同じことが
起こらないと思うとこれからが楽しみです

タイトルとURLをコピーしました