スポンサーリンク

ビタミンAについて

スポンサーリンク
ビタミンAについて

妊娠初期(特に妊娠1~2ヶ月の頃)は活発な細胞の分裂と
分化を繰り返しているので、ビタミンAが必要な期間となります。

しかし

ここで忘れていけないのが
ビタミンAには過剰摂取の問題があることです。

1日2700μgを長期間摂り続けると
胎児の催奇形性を起こす場合があります。

ですので、

毎日レバーやうなぎを食べたりビタミンAを
含むサプリメントの常飲は注意が必要です。

レバーは量によりますが、目安としては月1回程度が安心です


ビタミンAを多く含む食材/100g当たり
鶏レバー⇒14000μg
豚レバー⇒13000μg
牛レバー⇒1100μg
ホタルイカ⇒1900μg
うなぎの蒲焼⇒1500μg
ぎんだら⇒1500μg

また、ビタミンA誘導体やビタミンAの異性体には
胎児に奇形が起こる可能性があると報告されています。

皮膚角化症や乾癬治療、ニキビ治療に使われるビタミンA誘導体は
妊娠前および妊娠中は禁忌です。

妊娠中だけ過剰摂取に気をつけていればいいわけではなく、
妊娠3ヶ月前からは気を付けておくべきです!
妊活中でいつ妊娠するか分からないのであれば
普段から気をつけておくことが大切です。

ビタミンAには過剰症があるからといって
不足しても胎児奇形のリスクは増加します。


ビタミンAは天然の食品から摂るようにしましょう。

野菜に多く含まれるβ-カロテンは、体内でビタミンAが
不足しているときに必要な量だけビタミンAに変わるので、
摂りすぎの心配はありません。

サプリメントを用いる場合は、
天然の食品を原料とした値段のはるものを選ぶようにしましょう。

天然のビタミンAが1番体にとって良いので、
できるだけ食事から摂取することをオススメします!

【ビタミンAを含む食材】

人参、モロヘイヤ、かぼちゃ、牛レバー、豚レバー、

鶏レバー、アンコウの肝、うなぎ、ホタルイカ、
アナゴ、ワカサギ、いくら、ほうれん草、春菊、
小松菜、ニラ、スイカ、みかん、卵黄など

タイトルとURLをコピーしました